10以上の有名探偵社に浮気調査の方法と費用を徹底調査!

【プロ探偵.com】探偵の浮気調査ガイド

浮気調査Q&A

【各探偵社の見積もり公開!】浮気調査の料金・費用相場と安くあげる方法

更新日:

探偵事務所に浮気調査を依頼した場合の費用・料金はいまだに秘密のベールに包まれています。大手探偵事務所ほど調査料金をホームページに記載していません。

中には、「調査員一人、1時間5,000円!」などと記載している所もありますが、依頼するとなると、実は!全く違う料金を提示されることも珍しくありません。

元探偵や弁護士が書いたという触れ込みの探偵事務所の「比較サイト」を見ても、その触れ込みはウソなんじゃないかと疑いたくなるほど、肝心の調査料金は書かれていません。

私も非常に困りました。

そこで、10か所以上の探偵事務所に相談に行って直接聞いてきた浮気調査の相場をお教えします。

見積もりをしてくれたのは、ネットで検索したら必ず見つかる有名探偵社ばかりです。

 

1.実際の浮気調査の見積額

  • 提案された調査料金: 35万円~180万円
  • 最も多かった料金: 50万円~100万円

この見積もりの前提となっている、私の相談内容と、それを踏まえた調査方法、最終的に手にする成果物がこちらです。

 

私の相談内容

夫の行動が怪しい。帰りが遅い。休日出勤が増えた。態度・服装も変わった。

でもメールなどの証拠は何もない。

そこで①夫が何をしているか確認して欲しい、②浮気としたら証拠を押さえて欲しい。

 

提案された調査方法

調査員によるパートナー・浮気相手の張り込み・尾行

 

最終成果物

  1. 画像付きの報告書と動画。浮気をしていた場合は、不貞を推認されるホテルなどに出入りする画像
  2. 浮気をしていた場合は、浮気相手の住所、氏名、家族構成、勤務先名

 

それにしても、最低額35万円と最高額180万円では5倍!

なぜこんなに差があるのでしょうか?

 

2.浮気調査の料金がこんなに違うのはなぜ?

まず、こちらの表を見てもらいましょう。

総額で最も安い所、最も高い所、そしてその中間の探偵社を一部抜粋し、「安い順」に並べてみました。

探偵社名  見積もり額  調査時間 調査員数  調査員時給/人
A探偵社  35万円  15 3  0.78万円
B探偵社  43万円  18 2  1.21万円
C探偵社  56万円  20 3  0.93万円
D探偵社  150万円  54 5  0.56万円
E探偵社  182万円  35 4  1.30万円

 

これを見ると、一目瞭然で、調査時間調査員数が多い所ほど総額が大きいことが分かります。

 

あれ?調査員の時給で差がつくんじゃないの?

 

調査員時給が安い=安い探偵社ではない

「調査員一人当たりの調査料金」(調査員時給/人)を見てみると、例えば、見積額が35万円のA探偵社、43万円のB探偵社はいずれも、150万円のD探偵社の時給よりも高いです。

必ずしも総額が高い探偵社が時給も高いとは言えませんでした。ちなみに、ここに載せていない探偵社でも同様の傾向でした。

探偵事務所のホームページを見ると、どこも「調査員1名1時間5,000円!」といった時給の安さをアピールしているので、調査員の時給が安い所が安い探偵社と誤解してしまいがちですが、そこがポイントではなかったんです。

 

では、なぜ探偵事務所によって、こんなに調査時間や調査員数が変わるのでしょうか?

ただ単に”商売根性”の差じゃない?

最初、私もそう思ったのですが、実はそんなに単純ではありませんでした。

まず各探偵社の言い分を見てみましょう。

 

3.調査時間、調査員数になぜ差があるの?

各調査時間の言い分

せいぜい50万円前後で浮気調査の費用がおさまる所は、調査時間が15~20時間に収まっています。そうした探偵社の言い分は、

相談員
5時間の調査を3回やればイケるでしょう。証拠はしっかり取れますよ。

 

一方、100万円越えの探偵事務所は、

相談員
5時間の調査を7回もやれば、間違いなく黒白付けられるはずです。浮気相手の住所や勤務先も押さえられます。
相談員
6時間の調査を9回やれば旦那様が何をしているかはもとより、不貞の場合は浮気相手の素性まできっちり抑えられます。

 

両者の間に微妙にニュアンスの違いがありますね。

 

各調査員数の言い分

最も高額な探偵事務所では

相談員
平均4人、必要に応じて7人くらいまで増員させ、あらゆるケースを想定して万全の態勢を敷きます。

 

一方、一番安かった探偵社は、

相談員
よほどのことがない限り、2人で問題ありません!

とおっしゃっていました。

 

安い探偵社と高い探偵社の言い分の差、分かりましたでしょうか?

そうです。

実は「想定外のケースへの対応力」が違いました。

 

「想定外への対応」に差

安い探偵事務所は想定外を考慮しない

簡単に言うと、安い所は①浮気しそうな日時を狙い撃ちにして、②ホテル等の出入り写真を撮り、その後、③浮気相手を尾行して住所を特定することを最終目標にしています。

でも、例えば、①狙い撃ちした日時にパートナーが浮気をしなかったり、②取れた写真が相手の家の出入り写真だったり、③浮気相手がオートロックの大規模マンションに住んでいる場合は想定していません。

どういうことか説明します。

①はそのままです。特定した日に調査をしても空振りに終わった場合、その日の調査費は無駄に終わります。

安い所はコチラが浮気の日時をある程度特定できるという前提で見積もっているので、空振りの日が増えれば増えるほど見積もりから調査費用がはみ出していきます。

 

②の「相手の家の出入り写真」というのは浮気の証拠能力の話です。

浮気相手の家で浮気をしているとなると、「家で休んだだけ」、「家には他にも人がいた」と言い逃れされかねません。

そうすると、言い逃れされないために、自宅の場合は3回以上の出入り写真が必要と言われています。

見積額の安い探偵社は、「言い逃れされないラブホテルへの出入りなら1回で済む」ことを前提にしていますので、相手の家に出入りとなると、想定外という事で調査時間が増え、追加料金が発生することになります。

 

③の「オートロックの大規模マンション」というのは、浮気相手の情報の取得難易度に関するものです。

ホテルなどから分かれた後は、尾行対象を浮気相手に変え、調査員は相手の住所、氏名を突き止めようとしますが、その際、一軒家に帰ればいいですが、セキュリティのしっかりしたタワーマンションに入って行ったらどうでしょう?

このご時世、マンションは敷地内に入ることも許されないので、どの部屋に入るのか外から眺めるしかありません。

しかし、大規模なタワーマンションの場合、どの部屋に入ったか確認できない事も多いそうです。

となると、追加で浮気相手の尾行調査や周辺への聞き込み調査など特別な調査が必要になり、調査時間が増えていきます。

もちろん、安い探偵社はこうしたケースを想定していません。

 

高い探偵事務所はあらゆる事態を想定済み

一方、高い探偵事務所の場合は、今話したような事態は想定しています。ある程度の空振り、浮気場所がラブホテルでない場合、相手の素性を明らかにするのが難しい場合、などある意味あらゆることを想定しています。

パートナーや浮気相手との話し合いが不調に終わり、万一裁判沙汰になった時のことまで想定しています。

そのため、調査時間、調査員数も多くなっています。

 

4.調査費用を安くあげる方法

見積額の安い・高いだけで決めない!

安い見積額の探偵社は想定を甘くして、後で追加でお金をとろうとしているってこと?それなら、初めから色々と想定している探偵社に頼んだ方が良いの?

必ずしもそうとは言えません。

安い探偵社でも、豊富な浮気調査実績に基づいて、最もありがちなパターンを想定しており、「あまり起こりそうにないケースは想定しても高くなるだけ」と割り切っているところもありました。

一方、高額な大手探偵社の中には、明らかに過剰な調査を押し付けようとしていると感じた所もありました。

 

それならどうしたらいいの?

 

あなたの状態は?

パートナーの浮気の事で散々頭を悩ましていて、

調査の事であまり煩わされたくない、できればプロにすべてゆだねたい!

というのでしたら、万全の態勢を組んでくれる探偵社にお願いするのがベストだと思います。

浮気に悩んでうつ状態になる方も少なくありませんので、1回1回調査をするたびに"やきもき"し、結果を見て心が張り裂けそうになるのを繰り返すのは得策でないかもしれません。

 

調査を見届けられるなら柔軟に調査プランを変えてみる

しかし、調査の推移をしっかり見届ける心構えがあるなら、安く抑える方法はあります。それは、

調査状況によって柔軟に調査プランを変えること。

そうすればムダなく調査することができ、結果的に調査費用も最低レベルに押さえられます。

例えばこういう事です。

 

浮気場所を確かめた後で、調査を続行するかどうか決める。例えば、ラブホテルでの浮気の証拠が取れたらそれ以上の調査はしないで済みます。

浮気相手の住居を見た後で、その後の浮気プランを決める。もし、相手がアパートに帰り、郵便受けに氏名が書いてあれば、それ以上の調査は必要ありません。

パートナーが浮気をしている事を確認してから調査プランを決める。浮気をしていないことが初回の調査で判明した場合、もし長時間調査の契約をしていたら大金がムダになります。

 

ということで、繰り返しますが、

  • 調査の結果を受けて柔軟に調査方法を変える
  • 起こる可能性の低いことまで心配しすぎない

これが調査費用を安く上げるコツになります。

 

と、ここで、注意して欲しい事があります。

それは、安い所も、高い所も用意している「長時間割引の調査パック」です。

 

割引調査パックの契約はよく考えて

どこの探偵社も、①1回1回調査に応じて請求するパターンだけでなく、②まとまった調査時間を契約してくれた人に割り引きしてくれる「長時間割引の調査パック」を用意しています。

これには注意してください。

割引パックは通常料金より2割・3割の割引してくれる代わりに、たとえ調査が早く片付いても、先払いした料金は返金されないことがほとんどです。

たとえ返金してくれたとしても、解約金などを取られ、結局、微々(びび)たる額しか返ってきません。

もちろん、各探偵社は「この調査ならこのくらいの調査時間だろう」という経験則に基づいて提案してくれているので、余ってしまうような「ラッキー」はめったにないかもしれませんが、その”めったにないこと”が自分に起こらないとも限りません。

ですので、特に、

  • パートナーが浮気をしている確証がない
  • 浮気相手が誰か分からない

というように、調査の見通しが立たない場合には、

  1. まず事実関係の確認のための調査をしてみて、
  2. 浮気が確認できたら、改めて調査プランを組む

というような2段階式で臨んでみる方がムダが出ません。

 

ただし、すべての探偵社がこうしたやり方を飲んでくれるとは限りません。あれやこれや言って、長時間プランを組ませようとしてくるところも実際ありました。

そういう意味では、そうした柔軟な調査プランを提案してくれるかどうか、は良い探偵社かそうでないかを見極める基準になるかと思います。

 

おすすめ探偵事務所

最後に、私が相談に行った中でも、間違いなく良かった探偵事務所を紹介します。

もちろん、状況を見ながら調査プランを柔軟に変更してくれるところばかりです。

安心して相談してみてください。

 

東京探偵社ALG

東京探偵社ALG

<調査力> 〇

  1. 所属弁護士70人以上の大手弁護士事務所が経営する浮気調査専門探偵社。
  2. 調査成功率98%。
  3. テレビなどマスコミへの出演多数。
  4. 調査範囲は、東京、神奈川、千葉、埼玉の4都県のみ。

<料金> ◎

  1. 安い。
  2. 最低調査料金は、調査員2人で1時間=2万4千円。
  3. 1時間単位で調査できる最も柔軟な料金体系なのでムダが出ない。
  4. 追加料金一切なし。内容明細あり。
  5. 申し込み後キャンセルできる。

<相談しやすさ>◎

  • 電話はもちろん、メールでも見積もりしてくれる。
  • 相談室に行って契約しなくても笑顔で送り出してくれる。
  • 匿名でもOK

 

 

 

原一探偵事務所

SNSで浮気発見

<調査力> ◎

  1. 40年以上浮気調査に関わり、10万件以上解決してきた、浮気調査のプロ集団。
  2. 同業者が「うち以外なら原一さん」というくらい圧倒的な実績
  3. 全国18カ所に事務所。
  4. テレビなどマスコミへの出演多数。

<料金> △

  1. 探偵業界の一大ブランドだけあって安くはない。
  2. 最低調査料金は、調査員2人で5時間=16万円。
  3. ただし、追加料金一切なし。内容明細あり。

<相談しやすさ>◎

  • 訪問だけでなく、メールや電話、オンラインチャットにも対応。
  • 見積もりは電話では概算、訪問して詳細に。
  • 相談室に行って契約しなくてもスムーズに帰れる。

 

 

 

ハル探偵社

HAL探偵社

<調査力> ◎

  1. 新興の探偵事務所ですが、その良心的な料金設定で急伸している探偵社。
  2. 調査実績3万件以上。調査成功率99.8%、お客様満足度98.36%。
  3. 全国13カ所に事務所。
  4. テレビ番組への出演多数。

<料金> ◎

  1. 安い。
  2. 最低調査料金は、調査員3人で3時間=7.6万円。
  3. 追加料金一切なし。内容明細あり。

<相談しやすさ>◎

  • 相談室訪問以外にも、メールや電話にも対応。
  • 電話でもある程度お見積りしてくれる。
  • 相談室に行って契約しなくてもスムーズに帰れる。
  • 匿名でもOK。

 

-浮気調査Q&A

Copyright© 【プロ探偵.com】探偵の浮気調査ガイド , 2018 All Rights Reserved.