浮気かもしれない・・そんな時あなたがすべき事

独りぼっち

もしかして浮気かも。でも、どうしたら良いんだろう・・・。

こんな時、私も経験がありますが、嫉妬や不安、怒り、いろんな気持ちが一気に沸き起こって、時に混乱し何事も手がつかなくなってしまうもの。

あまりにつらいと「私の考えすぎ。気のせい」と疑惑自体をないものにしようとする心理が働くことがありますが、一度疑いの芽が出てしまうと、なかったことにするのはムリ。

自分にはウソはつけません。

やはり、どれだけつらくても、勇気を出して、あなたの疑いが正しいのか、思い過ごしなのか、白黒つけなければ、前には進めないのは言うまでもありません。

 

参考:自分でできる浮気調査のやり方

パートナーの浮気を疑ったら、「ウソであって欲しい」という気持ちを抱きつつ、確証を得たいと思うものです。

できれば、相手が否定してきた場合まで想定して、相手が"ぐうの音"も出ないほど決定的な証拠をつかみたい・・・。

しかし、法的にも有効な決定的証拠となると、私たち"素人"がつかむには大変ハードルが高いものになります。

 

浮気の決定的な証拠とは?

パートナーと浮気相手が、ある程度の時間、二人きりで個室にいたことを示す画像

が一般的ですが、証拠能力バッチリの鮮明な画像を相手に気づかれずに撮影するのは、プロの探偵でさえ特殊な機材を必要とするほど。私たち素人では、ほぼ不可能ではないでしょうか。

また、多くの場合、決定的瞬間が訪れるまでパートナーと浮気相手を尾行しなければなりませんが、顔見知りのパートナーに気づかれることなく、たった一人で尾行することは、あなたが思っている以上に高度なテクニックが必要とされます。

 

例えば、振り返られた時にスグに視界に入らないよう、ある程度距離をとりながら、かつ、パートナーと目が合わないように足元だけを見て尾行するのは、尾行の"基本のキ"ですが、「私ならできる!」と自信のある人はいないのではないでしょうか。

パートナーに尾行を気付かれてしまい、結果警戒を強められてしまうのが落ちです。そのせいで、相手が警戒モードに入ってしまっては、名うての探偵でも"尻尾をつかむ"のは極めて難しいそうです。

尾行&撮影はそれほど難易度が高く、失敗の許されないものなのです。

 

そこで私が探偵に勧められたのは、決定的証拠ではなく、まずは浮気が示唆される"状況証拠"を集めること。

状況証拠とは言え、パートナーの性格によっては、それだけで自白させるのに十分な場合もあるし、そうでなくても、その後に続くプロによる本格的な浮気調査にすごく役立つからです。

 

"状況証拠"には次のようなものがあります。

  • クレジットカードの利用明細や領収書で、夫の言動との矛盾点をつくもの。例:夫が残業と言っていた日に、高級レストラン→バーの明細書
  • メールやSNS上での私的なやり取り、またはそれを映した画像
  • 携帯電話に保存されたパートナーと浮気相手の画像
  • 車や携帯電話の所在地を示すGPSの記録

詳しくはこちらも参考に。

浮気調査
【有名探偵社に教わった】浮気調査を自分でやる方法

パートナーの態度や行動に次のような変化があった時が典型的な浮気の兆し!です。 態度がそっけなくなる・または気を遣うようになる 家にいない時間が増える。残業、休日出勤、出張、飲み会 携帯・スマホのロック ...

続きを見る

 

なお、不正な手段で取得した証拠は、後でプライバシー侵害や不正アクセス行為禁止法違反に問われる恐れがあります。

パートナーの性格や関係によっては、あと後、面倒なことになるのでやり方にはご注意を!

 

探偵による浮気調査のメリット

この証拠を突き付けて白状させてやろう!

と意気込んだものの、中途半端な状況証拠では相手には言い逃れされたり、場合によっては、逆に事態を悪化させてしまう事もあります。

 

例えば、LINEでの浮気相手とやり取りや、クレジットカードの怪しげな明細を見せて問い詰めても、

あんなやりとり、冗談に決まってるでしょ!
高級レストランには接待で行っただけだよ!

と、あくまで言い張られたら、それ以上追及できません。

 

実際、私の場合も、いつも口下手な夫がこういう時だけしゃべるしゃべる!なかば丸め込まれてしまい、モヤモヤした気持ちが残ってしまいました。

でも、

私が疑り深いのかなあ。勘違いかなあ。

と思いこもうとしても、一度芽生えた疑惑は簡単には消えてくれませんでした。時間がたてば薄れてくれると期待しましたが、どんどん不安な気持ちが膨らんでいきました。

 

こうした場合、白黒はっきりつけるために、専門家に調査を依頼するしかありません。

 

なぜ探偵事務所が良いのか?

浮気調査で最も豊富な経験を積んでいるのは、弁護士事務所や探偵事務所です。

中でも、探偵事務所は浮気や不倫を証明する証拠集めの調査だけでなく、その後、離婚するにしろ、元さやに収まるにしろ、その証拠の使い方、話の進め方まで様々な段階でサポートしてくれる存在です。

 

「証拠の使い方」ってただ相手に突きつけたら良いのでは?

と思いがちですが、ラブホテルに出入りする証拠を突き付けても、「ただ、ホテルで休んでいただけ」とシラを切られたらどうしますか?

そう言われて焦ったパートナーが証拠となりそうなものをすべて処分してしまったら?

先に手を打たれて、パートナーの浮気相手が財産を処分し、慰謝料を請求しても払えないと言い張ったら?

 

「証拠の使い方」一つとっても、起こりうるパートナーや浮気相手の反応を想定して、ヘタを打たないよう慎重に行う必要があります。

 

さらに、浮気を認めさせた後、結局"元さや"に収まるしかないとなった場合は、どうやって浮気相手と別れさせますか?二度と会わないようにする効果的な方法は?

 

探偵ならよく分かっています。

 

最悪の場合、つまり、離婚を選んだ場合はもっと様々なことを考えなくてはならなくなります。

  • どのような証拠が法的に有効な証拠になるのか?(LINEは決定的証拠にならないって知ってましたか?)
  • どのように浮気相手から慰謝料をとるのか?
  • どの弁護士が信頼できるのか?
  • ・・・

こうした事に関しても的確なアドバイスをしてくれるのが探偵事務所です

 

また、これらの事を処理している間のあなたの精神的なストレス・心労は大変なものになりますが、探偵事務所は、心理カウンセラーの資格を持った相談員がいるので良き相談相手になってくれるのも心強い所ですね。

 

弁護士事務所でも良い気がするけど・・

そうですね。弁護士事務所も様々なサポートをしてくれます。特に、不貞行為を認めさせた後の協議や法律的なサポートは弁護士以上に頼りになる存在はありません。

 

ただし、浮気・不倫の決定的な証拠をつかんでいない段階では、弁護士も調査を探偵事務所に丸投げするだけですから、中間マージンを払う分、料金が割高になります。

また、どこの探偵事務所でも、提携先の弁護士事務所があって、必要に応じてスムーズに連携してくれますし、中には弁護士事務所が自ら経営している探偵事務所まであります。

浮気の決定的な証拠をこれからつかもうとしている段階なら、まずは探偵事務所に相談するのがベストでしょう。

 

探偵による浮気調査の方法

そもそも、探偵事務所による浮気調査とはどのようなものでしょうか?

テレビでもおなじみの大手探偵事務所の探偵さんから直接聞いた方法です。

 

浮気調査の方法は尾行?GPS?

探偵(調査員と呼びます)が、対象者(あなたのパートナー、浮気相手)を、尾行するのが一般的です。

GPSは?

対象者が車を使って移動する場合には、車にGPSを取り付けて追跡することもありますが、GPSによる追跡データだけでは法的拘束力のある決定的証拠にはなりません。

現在のGPSの精度でも誤差はありますし、自分が運転していなかったと言われたらそれまでだからです。

 

尾行というと、テレビの刑事ドラマのように、あとをつけるイメージが強いと思いますが、そうした尾行だけでなく、遠目から、望遠レンズを付けたカメラで行動を監視することもあります。

もちろん、必要とあらば、調査員の方は早朝でも真夜中でも調査をしてくれます。

ちなみに、中には"深夜料金"や"早朝料金"といったタクシーのような"割増料金"を請求するところもありますので、後で不愉快な思いをしないためにも事前に確認しておきましょう。

 

尾行人数は?

調査員の人数ですが、1人で行うことはめったにないそうです。トイレなど"やんごとない事情"が起きて対象者から目を離しているスキにいなくなったら目も当てられないからです。

という事で、最低でも2人は必要だそうです。探偵事務所によっては、3人を基本人数とするところあります。

もちろん尾行するパートナーの行動にもよるとか。例えば、出口がたくさんあるオフィスで働いている場合は、その出口の数だけ調査員が必要になる場合もあるそうです。

 

尾行方法は?

尾行する方法ですが、ある程度の距離を置いて、歩いて後をつけることもあれば、バイクや車で追跡することもあり、これは対象者の移動手段によるそうです。

例えば、対象者の行動範囲が街中に限られ、電車通勤ならば、歩きでも十分。とはいえ、浮気相手が車に載っている可能性があったり、タクシーで移動するケースもありうると、バイクなど車両を使うそうです。

 

調査報告書の中身は?

調査の対象者(パートナーですね)の不貞行為を証明する写真や動画を中心にした内容です。

不貞行為を証明すると言っても、ホテルや浮気相手の家の中に踏み込んだり、盗撮したりするわけにはいかないので、ホテルや浮気相手宅に入る時間、出る時間を映した映像が撮影されます。

確かにホテルに行ったが何もしていない!

といった言い逃れもできそうですが、裁判での判例では、ある程度の時間(ある判例では15分という事も)、ホテルや家に2人きりでいたことが証明できれば、不貞行為と認められるそうです。

また、デジカメや携帯の写真は画像加工をしている!と突っ込まれた時に弱いため、ちゃんとした探偵事務所では動画をメインにした報告書を作るところが多いです。

 

浮気調査の費用は?

1日当たり10万円~20万円が相場です。

総額だと、私が行った13社の探偵社の見積もりでは、50万円前後が一番多かったです。

 

内訳は?

浮気調査の費用は、基本的には、調査員の人件費=調査費に、車両利用料、交通費といった必要経費、その他諸経費という構成の所が多いですが、最近は、【調査費+車両利用料+交通費】だけという所も増えています。

 

調査費

この中で一番比重が大きいのが【調査費】ですね。

調査費用は、調査員の人件費で、「調査員の人数」と「調査時間」をかけ合わせた額になります。例えば、調査員3人で、6時間調査の場合、調査員の時給が6千円なら、3人x6時間x6千円=10万8千円になります。

 

車両利用料

【車両利用料】というのは、先ほど説明した尾行の際に車やバイクを使う際の利用料ですね。1台で1日1万円ほどかかるところが多いです。

 

交通費

【交通費】は、尾行の時に車両を使わずに、電車を使う場合など、調査員が現地に向かう交通費、尾行時の交通費を指します。

 

その他諸経費

【その他諸経費】は、最近ではとらない探偵事務所も増えていますが、老舗の探偵事務所の中にはまだまだこの費目が残っている所もあり、注意が必要です。

「その他諸経費」にはどういう費用項目が含まれているのか、どれくらいの料金がかかるのか、最初にきっちりと確認しておかないと、探偵事務所によってはこれが調査費用と同額くらいかかるところもありますので、

ボッタクリ?

と勘違いすると、トラブルの元。"諸経費"が高くても一概にボったくりとは言えません。

単に料金体系の問題ですので、気持ちよく浮気調査をしてもらうためにも、事前の確認が重要ということです。

 

調査日数

調査料金は調査時間と連動しますので、早く終わればそれだけ安く済みます。

早く終えるためには、いかにパートナーの不貞の日時と場所を正確に特定できるか、にかかっています。

その情報が正確であれば、数時間で終わることもありますし、皆目見当もつかない場合は10日かけても終わらない可能性もあります。

とは言え、一般的にはある程度の絞り込みができるケースが多く、2~4日で終えられるケースが多いということです。

 

 

ケース別!浮気調査の料金・費用の相場【13探偵社料金比較】

  こうした情報不足に悩まされていた私は勇気を振り絞って、探偵事務所・興信所に赴(おもむ)きました。優柔不断な性格もあって、訪問した探偵社はいつのまにか13社に。 ここでは、その時の情報を元 ...

続きを見る

 

騙されない!探偵事務所の選び方

浮気の決定的な証拠をつかむには探偵事務所がベストだろうとは思っても、どこに頼んでいいのか分からないのが、探偵業界です。

確かに、普通の生活をしていて探偵と交わることはありません。

それに、探偵事務所の中には、依頼を受けてから一切調査をしないような業者から、調査料金を水増しする業者まで色々な悪徳業者がいますので、探偵選びには注意が必要です。

 

それだけに、長年の実績のある大手探偵事務所や、最近では弁護士事務所経営のような、「悪いことをしてもメリットのない」業者を選ぶ必然性が高まっているとも言えます。

しかし、そうした業者の見つからない地域もありますので、ここでカンタンに、探偵選びのポイントを紹介します。

 

1.悪徳探偵社の手口

悪徳探偵社の手口は巧妙化していると言いました。そもそも悪徳業者の入り込みやすい業界構造があります。

探偵業を行うためのライセンスも免許も必要なく、以前は届け出さえ必要ありませんでした。

それゆえ、何の業界経験もない”自称探偵社”が乱立し、依頼者からお金をだまし取っては、すぐに姿をくらましてしまうといったトラブルが後を絶ちませんでした。

今では、各都道府県の公安委員会に、探偵業の届け出を出さなければいけなくなったので、すこしは業界の健全化も進んだそうですが、とは言え、いまだ悪徳業者は存在しています。

 

①無料相談や見積もりのワナ

相談料、見積もり料の発生

今時、相談料や見積もりを作ってもらうだけで、お金を取る業者は少ないですが、小さな町の探偵社ではこのような事例がまだあるそうです。

一概に、これ自体が悪いとは言いません。実際、相談や見積もり作成に人件費がかかっていますからね。

しかし、そうしたことに料金が発生することを事前に言ってくれないとなると話は別です。今後も色々と名目を付けては料金の上がっていく業者かもしれませんので、注意が必要ですね。

 

契約するまで帰さない

これも、このサイトで紹介しているような大手探偵社ではあまり関係ないかもしれませんが、悪徳業者の常で、心の弱っている人、気の弱い人に付け込んで強引に契約しようとする業者はどこにでもいるものです。ご注意を。

実際、私の行った探偵社の中には「考えさせてください」と言っても、「なぜ今決めないんだ!」と詰問超で20分以上も責められ中々帰してくれないところもありました。

 

②調査をしない=カラ調査

以前よくあったのは、事務所も持たない探偵社と電話相談だけで浮気調査の契約してしまい、その後、しばらく音沙汰がなくなって、心配になったころ電話がかかってきて、一方的に調査終了を告げられ高額な調査料金を請求されるケース。

今となってはレアケースかもしれませんが、注意するに越したことはありません。くれぐれも、事務所で会い、書面化された契約書を交わすことが必要ですね。

 

③調査料金を水増し

国民生活センターに寄せられる探偵社、興信所とのトラブルは、この調査料金に関することに集中しています。

 

調査日数を水増し
相談員
調査が終わったらまとめてご報告します。途中経過を教えると中にはパートナーを詰問してしまう人がいるからです。

と、探偵社の中にはいつ調査をするのか具体的に日時を教えてくれないところがあります。

そのため本当に調査がおこわ慣れたのか確認しようがなく、探偵事務所の言い値で請求されるところもあります。調査日時を教えてくれない業者は要注意です。

 

調査時間を水増し

先ほどの話のように調査をしないとまではいかなくても、例えば、調査を3時間しかやっていないのに、5時間やったことにするような探偵社はいまだに多いとのこと。

ここまで露骨なインチキでなくても、調査時間の課金単位が、3時間ごとや6時間ごとといった場合は、水増しの”名残り”かもしれません。どういうことかと言うと、

例えば、課金単位が3時間の場合、たとえ毎日の4時間の調査を3日間した場合、18時間の調査料金を請求されます。実際の調査時間は12時間にもかかわらず、調査料金は1.5倍になります。

納得済みで契約するのなら良いですが、こちらから聞くまで教えてくれず、契約書にしれーっと条文が入っているかもしれませんので、契約書は面倒くさがらずにきっちりと目を通し、分からない項目は勇気を出してしっかり確認しましょう。

 

調査人数を水増し

2人で行った調査を4人でやったというように調査員の人数を水増しして高額請求するパターンです。これも調査している最中、依頼人から何をしているのか見えないことに付け込んだやり口ですね。

 

これ以外にも、諸経費という具体的に何なのか分からない費目で高額請求されたり、証拠をつかむためには追加調査が必要ですと、どんどん調査時間が増えていくパターンなど色々あります。

 

2.探偵選びのポイント

良い探偵事務所を選ぶポイントは以下の3つです

  1. 大手探偵社
  2. 調査をするたびに相談できる
  3. 一括契約を迫ってこない

1.大手探偵社

できれば、実績が確かな大手の探偵事務所が安心ですよね。悪いことをしていたらそれだけの実績が挙げられません。

実績は信頼されてきた証と言ってもいいでしょう。

 

2.調査のたびに相談できる

先ほどもありましたが、調査をしているのかどうか分からないのは不安です。

また、途中経過を教えてもらえることで、例えば、浮気相手が知っている人なら、浮気相手の身元調査など必要のない調査も省けて、余計なお金を使わずに済みます。

 

3.一括契約を迫ってこない

最近はどこの探偵事務所も、例えば「最初に20時間契約したら2割引き!」のように一括で契約するとお得になるパック調査を用意していて、強力に勧められます。

これで契約してしまうと、たとえ調査が思ったよりも早く終わったとしても返金してもらえません。

もちろん、状況にもよりますが、例えば「浮気をしているかどうか確証がない」、「浮気相手が全く見当がつかない」といった調査状況の見通しが立たない場合には、まず現状確認の調査をし、その上で調査プランを改めて設計するといった柔軟に対応できる契約にした方が無難です。

逆に、あくまでパックを勧めてくるような探偵事務所は要注意かもしれません。

 

参考:おすすめ探偵事務所

それではどこの探偵事務所に依頼したらいいの?

当サイトでは、ホームページなどに載っている情報だけでなく、大手探偵事務所各社10社以上にメールや電話、そして相談室にも行って、実際に相談してもらっています。

こうした生きた情報も踏まえ、間違いない探偵社をピックアップしました。

 

どちらの業者でも間違いないですが、できれば、複数の探偵社を実際に目で見て、肌で感じて決めることをお勧めします。あなたの"一生を託す"業者ですので。

 

原一探偵事務所

原一探偵事務所

 調査実績40年以上、解決実績10万件超の業界最大手。全国を網羅する18支社のネットワークと熟練の調査力で決定的証拠をきっちり取ります。

 

東京探偵社ALG

所属弁護士60名以上、全国9拠点に展開する大手弁護士事務所の経営する探偵事務所。不正の横行する探偵事務所業界で、本当に信頼できる探偵社を運営しています。匿名相談も大丈夫、メールでのお見積りもOK。まず相談してみては。

 

HAL探偵社

HAL探偵社

業界初の成功報酬制、後払いの明朗会計の探偵事務所。その顧客満足度は98.36%!匿名相談もできる安心の探偵社。

 

 

最後に

誰しも、誰にも知られたくない個人的な恥部とでもいうべき浮気・不倫の相談を、見ず知らずの探偵事務所にするのは、迷いますし、緊張しますし、勇気のいることです。

私も探偵事務所のサイトの相談フォームを送信するのでさえ、すごいためらったのを覚えています。

でも、勇気を振り絞って前に進まなければ、あなたの人生は何も変わりません。

探偵事務所もプロです。実際に調査の契約まで行わなかったとしても、相談するだけでも、気分が前向きになります。

 

どうしても自分の名前を出したくなければ匿名でも構わない探偵事務所も増えています。

電話で話すのに抵抗があるのなら、まずはメール相談だってOK。

まずは行動を起こすことが重要です。

 

 

お住まいの近くで探偵事務所を探したい場合は、こちらもご参考に。

都道府県別!探偵事務所

 

更新日:

Copyright© 【プロ探偵.com】探偵の浮気調査ガイド , 2018 All Rights Reserved.